除菌・消臭

ナブコ除菌&消臭水!

ナブコ除菌&消臭水は安全性を重視して生成された、微酸性次亜塩素酸水です。

微酸性次亜塩素酸水とは・・・

食品添加物の次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を希釈混合し、ほぼ中性領域にpH調整した除菌・消臭水です。
従来の除菌剤である次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性であるため、手荒れ・漂白など人体に影響を及ぼす恐れがありますが、中性にすることで人体・環境にも優しい除菌・消臭水となります。
本来アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムと酸性の希塩酸を混ぜる事は、pHが強酸性領域まで大幅に下がり、有毒な塩素ガスを大量発生させる為大変危険な事でしたが、規定値以下の塩素ガスしか発生させずに生成する技術で商品化が可能になりました。

ナブコ除菌&消臭水

「ナブコ除菌&消臭水」の特徴

「ナブコ除菌&消臭水」の特徴
遊離有効塩素の存在比

塩素はpHによって遊離有効塩素の存在比が変わります。
ナブコ除菌&消臭水は中性領域で存在しているので、有機物の分解力に優れている次亜塩素酸分子 を多く含んでいます。
次亜塩素酸ナトリウムを主成分とするアルカリ性の塩素商材は、次亜塩素酸イオンを多く含むため、有機物を分解するのに時間がかかります。

安心安全 (除菌・消臭すると水に戻る )

ナブコ除菌&消臭水は人体・環境に優しい中性領域で生成されています。
また、感染や悪臭の原因となる有機物を素早く分解した際に、ナブコ除菌&消臭水の成分も分解し水に戻る性質を持っているので、塩素が残留しません。

次亜塩素酸分子は次亜塩素酸イオンに比べ、約80倍分解速度が速い。
安全への取り組み

ナブコ除菌&消臭水は安全性を第一に考え、下記の取り組みを行っています。

  • 公的機関での安全性試験データ取得

    動物実験によって経口毒性、目の粘膜や皮膚に対する刺激性、遺伝的変異の誘発性がないことが確認されています。(財団法人 日本食品分析センター)

  • 製造過程において厳しい管理

    原材料から安全性について真剣に取り組み、発がん性が高い「臭素酸」を、水道水で使用が認められている規定量の約半分しか含まないものを使用し、より安全性を追求しています。また品質管理においても製造過程にて厳しいチェックを日々行っています

  • 衛生管理に厳しい現場への導入事例多数

    行政・病院・保育園・老人ホームなど、安全面に対して極めて厳しいところにも導入されています。
    もちろん導入先での事故はありません。

  • PL保険加入

    上記の安全性が認められ、他の塩素系商材ではまず入れないPL保険(生産物賠償責任保険)に加入しています。(AIU保険会社)

詳細資料についてはお問合せ下さい。

強力除菌(強力な分解力)

ナブコ除菌&消臭水は有機物に対する分解力に優れ、細菌・真菌・ウイルスなど、弱い菌から強い菌まで分解します。
アルコールでは分解できないノロウイルスに対しても有効です。

代表的な消毒剤との比較
感染の主たる原因となる菌に対する分解力
瞬間消臭(悪臭の原因を瞬時に分解 )

多くの悪臭の原因は有機物によるものです。有機物に対する反応性が高いナブコ除菌&消臭水は悪臭の原因である有機物を瞬時に内部から分解するので、消臭効果にも優れています。

消臭での使用例

また一般的な芳香剤は、有機物を香料で包み込んで落とすマスキング方式のものが多数です。
これは香料で誤魔化しているだけで、有機物を分解していません。

マスキング方式 (芳香による消臭剤)

商品概要

原 材 料
次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認可食品殺菌剤)
希塩酸(厚生労働省認可食品添加剤)
pH領域
ほぼ中性(pH6.8~7.0)
濃 度
100ppm /200ppm(ノロウイルス対策)
用 途
除菌・消臭
分 類
一般雑貨

商品ラインナップ

商品ラインナップ
建物丸ごと省エネ無料診断はこちらから
お気軽にお電話ください
よくある質問Q&A
省エネQ&コスト削減導入フロー
建物まるごと省エネ無料診断
お問合せ
ページの先頭へ